不動産登記簿・登記事項証明書TOP | 不動産登記簿とは何か? | 登記の効果とは? | 登記記録の調べ方1 | 登記簿の仕組み | 当サイトについて |

登記できる主な権利

スポンサードリンク


先ほど、不動産登記は、あなたの不動産の権利関係を記録するものだといいました。

では、その不動産の権利とは何でしょうか?

不動産に関する権利の中で、一番わかりやすくて身近なものは「所有権」でしょう。
たとえば、マンションを購入するときに、売主と売買契約を結ぶと不動産の所有権はあなたに移ります。
そして、不動産の所有権が移転したことを不動産登記簿に記録することができます。これは所有権移転登記といいます。

不動産の登記は、この所有権だけではなく、様々な権利が設定されます。

honn.jpg
たとえば、マンション購入時に、銀行で住宅ローンを組んで資金を借り入れた場合、銀行は資金を融資する代わりに、返済が終了するまであなたの土地と建物に「抵当権」を設定します。この抵当権も登記することができます。


この他にも、登記できる権利というのはさまざまあります。
以下に登記できる権利を挙げていきます。


スポンサードリンク



登記できる権利の種類

所有権・・・その不動産を自由に使用・収益・処分できる権利のこと。


<用益権>
これらは、他人の不動産を使用収益する権利のことで、登記できるものに以下のものがあります。

地上権・・他人の土地などを建物を建てたり、竹木を所有したりできる権利のこと。
地役権・・袋路の土地から道路に出るなど有効活用のため、他人の土地を利用できる権利
永小作権・・他人の土地を利用して耕作などをする権利のこと
賃借権・・賃借人が他人の不動産を使用収益できる権利のこと
採石権・・契約によって、他人の土地などから岩石を採取できる権利のこと


<担保権>

不動産を担保にしてお金の借り入れをしている場合にその不動産に設定される権利のことで、以下のものがあります。
不動産の登記簿をみることでその不動産に抵当権などの担保権が付いているかどうか分かるのです。

抵当権・・債権者が債務者から担保としてとった不動産について、他の債権者に優先して自分の債権弁済を受けられる権利のこと。
先取特権・・法律で定めるある一定の債権者が他の債権者に優先して弁済を受けることが出来る権利のこと。
質権・・債権者が債務の担保として、質に取ったものを占有できる権利のこと

このように、登記できる権利にも様々なものがあります。
この中の「所有権」は、ひとつの不動産に対して一つしか成立しません。
ですが、抵当権は、一つの不動産に対して複数設定できます。その場合登記簿に「1番抵当権」「2番抵当権」などと順位をつけて公示されることになります。