不動産登記簿・登記事項証明書TOP | 不動産登記簿とは何か? | 登記の効果とは? | 登記記録の調べ方1 | 登記簿の仕組み | 当サイトについて |

不動産登記簿とは何か?

スポンサードリンク



マイホーム購入時や、相続などで接する不動産の「登記」制度。

登記手続きは複雑だし、難しい。

登記簿は用語が難しくてよくわからない・・という声を良く聞きます。

手続きは専門家に任せることがほとんどなので、登記や登記簿のことに関してはよく知らないという方が多いのではないでしょうか。ieie2.jpg

ここでは、不動産の登記制度や役割について、わかりやすく説明していきます。


不動産登記とは

不動産登記とは、各自の不動産の権利関係を法務局にある登記簿に記録する制度のことをいいます。
それぞれの不動産について、登記簿には、だれがその不動産を所有しているのか?その不動産に担保が付いているか?などが登記されています。

売却により所有者が変わった場合や、新しく権利が設定された場合など、権利関係に変化が起きたときに登記を行います。


登記できる不動産とは

ここで、「不動産」という用語について少し説明しておきたいと思います。

一般的に一戸建ての家を指して「あの不動産を買った」と言う場合、土地と建物をひっくるめて言う場合も多いと思いますが、不動産登記においての「不動産」というのは、土地と建物は別の不動産とみなされています。
したがって、土地と建物は別々に登記され、登記簿も別に作られることになるのです。


スポンサードリンク



不動産登記の役割

hito.jpg不動産の登記をすることには、どんな意味があるのでしょうか?

わたしたちにとって、不動産というものは重要な財産です。
不動産登記はこれら不動産の権利を守るためや、不動産の流通が安定的に行われるためにあります。
もしあなたが誰かから、土地を購入しようと考えた場合、登記制度がなかったら売主が本当の所有者かどうか、他の権利が設定されていないか確かめることができず、安心して取引ができなくなってしまいますね。
そこで不動産登記簿に記録させることで不動産取引の安定を図っているのです。
また、あなたが所有している不動産の登記をしていないと、たとえ、本当に権利があっても対外的には、主張できなくなっていまいます。これについては、あとで詳しく説明します。
登記の効力とは


このように、不動産登記というものは、私達の不動産の権利を守るために必要なものです。
次は、登記できる主な権利について解説します。

登記できる権利とは?