不動産登記簿・登記事項証明書TOP | 不動産登記簿とは何か? | 登記の効果とは? | 登記記録の調べ方1 | 登記簿の仕組み | 当サイトについて |

登記記録の調べ方3(謄本・登記事項証明書の取り方)

スポンサードリンク



登記記録を調べる方法は

1法務局に出向いて閲覧(登記事項要約書)するという方法、
2インターネットで調べる方法
3登記簿謄本(登記事項証明書)を取得する

という方法がありました。

閲覧・登記事項要約書の取得やネットで調べる方法も登記情報を確認することができますが、より正確な情報を知りたい場合はやはり、登記簿謄本(登記事項証明書)を取得したほうが良いでしょう。

今回は、3の方法、登記簿謄本(登記事項証明書)の取り方について解説します。

今まで法務局(登記所)では登記簿謄本または抄本を請求することができました。
しかし、現在は多くの法務局はコンピュータ化されており、紙の登記簿から、磁気ディスクに記録されるようになりました。
このようなコンピュータ庁では、登記簿謄本を取得したいと思った場合は謄本に代わって、「登記事項証明書」を請求することになります。
従来の登記所では、謄本または抄本を請求することができます。


登記簿謄本(抄本)または登記事項証明書の取り方

謄本または登記事項証明書の取り方は、閲覧・登記事項要約書の取得方法と似ています。以下に流れを説明していきます。

sinnsei.jpgまずは、調べたい不動産を管轄している法務局に行きます。法務局に行くと、窓口の付近に、「登記事項証明書(登記簿謄本・抄本)交付申請書というものが置いてあるので、その用紙に、氏名・住所と必要事項を記入して申請します。

必要事項は、調べたい不動産が土地の場合は、土地にチェックをして、「所在と地番」、建物の場合は、建物にチェックをつけて「所在地番と家屋番号」を記入します。

実際の住所表示と地番は違うことに注意しましょう。地番は住宅地図や、自分名義の不動産の場合は、権利証や固定資産税の納付通知書などで調べることができます。

手数料の支払いをします。登記事項証明書(登記簿謄本)請求にかかる費用額は、不動産1つにつき、1000円です。
ただし、この金額は登記事項証明書(謄本)は10枚の場合までです。登記事項証明書は10枚を超える場合は、5枚ごとに金額が加算されます。

手数料は登記印紙を先ほどの用紙の所定の貼付欄に貼り付けて支払います。
登記印紙は、法務局内の印紙売り場で購入することができます。
申請書の記入が出来たら、窓口に提出します。
登記印紙は申請用紙に貼って出しても、あとから貼ってもよいでしょう。


スポンサードリンク



郵送での登記簿謄本(抄本)または登記事項証明書の取得方法

登記簿謄本(抄本)または登記事項証明書は、郵送で請求することもできます。

登記事項証明書(登記簿謄本・抄本)交付申請書に、必要事項を記入して、費用に応じた登記印紙を貼付します。この申請書と切手を貼った返信用封筒を同封して、管轄の法務局に郵送します。

地番と家屋番号をきちんと記入することに注意してください。
ある程度時間(約1週間ほど)かかってしまうようですので時間に余裕がある場合に利用するようにしましょう。

登記記録の調べ方はある程度わかっていただけたでしょうか。

次は登記簿(登記事項証明書)の見方について解説します。