不動産登記簿・登記事項証明書TOP | 不動産登記簿とは何か? | 登記の効果とは? | 登記記録の調べ方1 | 登記簿の仕組み | 当サイトについて |

買戻し特約と登記

スポンサードリンク


所有権の登記で気をつけておきたいもののひとつが買い戻し特約の登記。

買戻し特約は所有権を制限するものなので、不動産の甲区の欄に、買戻特約とある場合は注意してみておく必要があります。


買戻し特約とは?

買戻し特約とは、簡単にいうと売主がその不動産を買い戻せる権利のこと。

売主は売買契約と同時に買戻しの特約をした場合、買主が払った代金と費用を支払ってその不動産を買い戻せることになります。


買戻しの特約には以下のような決まりがあります。

・売買契約と同時にすること

・10年を超えてはいけない


買戻しの登記があるときに気をつけること

買戻し特約は「所有権を制限する」権利です。

買戻し特約が甲区に登記されている場合、その物件を購入した人が、第三者に転売しても、買い戻し件を持っている人はその第三者に対抗できることになります。

つまりこのような不動産を購入しても、買戻し権を行使されると不動産の所有権を失ってしまう可能性があるということがあるので注意する必要があります。

買戻し権の付いている物件の購入を検討しているときは、買戻し権を抹消するなどして対応してもらうのが良いでしょう。


スポンサードリンク


買戻しの特約

買戻特約は、公社や公団などが売主になった場合に、一定期間転売を防ぐ意味でつけられていたケースが多いです。

特約の期間を過ぎて、その不動産を売却する場合は、買戻し特約の抹消登記をして、所有権移転することになります。

また金銭消費貸借の担保として利用されるケースもあります。

いずれにしても所有権の登記(甲区の欄)に買い戻特約が付いていたら、注意して権利関係を見る必要があります。


<ポイント>
買戻し登記は所有権を制限するので要チェック!