不動産登記簿・登記事項証明書TOP | 不動産登記簿とは何か? | 登記の効果とは? | 登記記録の調べ方1 | 登記簿の仕組み | 当サイトについて |

抵当権設定登記とは

スポンサードリンク


登記簿の甲区部分に記されているのが所有権に関する権利

それに対して登記簿の乙区に記載されているのが所有権以外の権利内容です。

この乙区の「所有権以外の権利」の代表的なものが抵当権です。


抵当権とは?

抵当権とは、わかりやすくいうと債権を保証するための担保のこと。

一番身近なケースでは住宅ローンの場合が考えられます。
金融機関で住宅ローンを組み、マイホームを購入した場合、通常その住宅の土地と建物には抵当権が設定されます。

銀行は貸した住宅ローンがちゃんと返済されないと困ります。
ですので、債権を保全するために、土地と建物に担保として抵当権をつけて、抵当権者としての権利を持つのです。

家の購入者が住宅ローンが返せなくなってしまった場合は銀行は抵当権を実行→家を売却(競売)債権を回収することになります。

抵当権設定登記

抵当権を付けると必ずするのが抵当権設定登記。

抵当権の登記は登記簿の乙区に記載されることになります。

住宅ローンを返済中の人が自宅の登記簿を見ると、乙区のところに、「抵当権設定」と記載されていて、抵当権者○○銀行 などとなっているのを見ることができるでしょう。

これは「この不動産の抵当権は○○銀行がもっていますよ。債務者が返済ができなくなったときは、○銀行が優先的に債権を回収します」ということなのです。


スポンサードリンク


抵当権設定登記の内容・記載されること

抵当権の登記簿には以下のようなことが記載されます。

登記の目的・・抵当権設定
登記の原因・・○年○月○日金銭消費貸借同日設定(○年○月○日設定)

権利者その他の事項 ・・

債権額金○○円
利息 ○%
損害損害金 年○%
債務者 ○○
抵当権者 ○○銀行

抵当権と順位

抵当権は債務者が債務を履行できなかったら、債権を優先的に回収できる権利です。
債務者が万一倒産してしまって、他にも債権者がいた場合でも、抵当権を持っている債権者は優

先して債権の回収をするできます。

抵当権を持っている債権者が複数いた場合は、基本的にその優劣は抵当権の順位によって決まり

ます。
ですから、住宅ローン融資の場合など、順位1番で抵当権設定登記をしておくことは銀行にとって

重要なことなのです。